マッサージもできる美白ジェル!どんな風に使ったらいいの?

シミウスは化粧水や乳液、美容液など1つで10役のオールインワンジェルです。さらに、マッサージクリームとしても使用できます。

 

シミウスはそのまま使用するだけでも美白効果を期待できますが、マッサージをすることでさらなる美白作用を引き出すことができます。シミウスの効果を最大限に発揮するためのマッサージの方法を紹介します。

 

 

→シミウスってどんな化粧品?詳細はこちら

簡単なのに効果は抜群?朝の1分マッサージ!

シミウスのマッサージは毎日続けることを前提としているので手順が複雑だったり、時間がかかったりすることはありません。特に朝は、仕事や育児で忙しい方でも手早くできるよう簡単な内容になっており、約1分で完了します。

 

 

まず、耳たぶの裏側のくぼみを親指で耳の10秒ほど押さえます。ここにはリンパ節があり、適度に刺激することで老廃物が排出されやすくなります。

 

次にこぶしを握り、第二関節を頬骨の下に当て、筋肉をもみほぐすようにこぶしを上下に返します。十分にもみほぐした後、顔の中心からこめかみに向かって頬を引き上げるようにして手のひらをすべらせます。

 

最後に耳の下から鎖骨にかけて老廃物を流すようなイメージで撫でおろし、鎖骨を指で挟むようにしてくぼみに指を当て、中心から肩先にかけてすべらせるように撫でれば完了です。

 

 

コツは肌への摩擦を減らすためにシミウスを少し厚めに塗ることです。

美白ケアしながらむくみもとる!夜の集中マッサージ

夜のマッサージは朝よりも少し長めです。全体で約3分から5分ほどかかります。

 

まず、シミウスを少し多めに顔全体に塗布し、朝と同じように耳のリンパ節を10秒ほど刺激してください。次に、あごの下に両手の親指を当て、こめかみに向かってフェイスラインをなぞります。

 

その後、こぶしの第二関節で頬骨の下の筋肉を揉みほぐします。さらに親指であごの関節を押さえ、圧をかけながらほぐした後、耳のリンパ節に向かって流してください。

 

それから、顔の中心からこめかみに向かって頬を引き上げるようにして手のひらをすべらせます。

 

完了したら、次は目元のお手入れです。親指の第一関節を使い、目頭から目尻まで、目のくぼみにそって軽く押すようにほぐします。ひとおおりほぐしたら、仕上げに目頭から目尻へ軽く指を滑らせてください。

 

次に、おでこに指を当て、しわを伸ばすようなイメージで頭皮に向かって押し上げます。数回繰り返したら、今度は顔全体を引き上げるようにフェイスラインに沿ってあご先からこめかみまでてのひらを滑らせます。

 

最後は耳の下から首、鎖骨まで撫でおろし、鎖骨の中心から肩先にかけて指をすべらせるように撫でてください。

 

 

シミウスを使ったマッサージを毎日続ければ、、美白だけでなく肌荒れの解消や、アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

 

→マッサージクリームにもなる?シミウスについてもっと知りたい!

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_